飛行機編に続き、今回はクルマ編です。
 
片道10時間以上の場合や複数の都市を長期間かけて周遊する場合は、利用する車を考える必要があります。
(片道3〜4時間のショートトリップなら迷わずマイカーで行きます。)
 

例えば、2000マイルのロードトリップに出るとしましょう

 
2000マイルの旅というと、
 
ワシントンDC〜マイアミ往復   とか、
 
ロサンゼルス発グランドサークル周遊
(LA〜デスバレー〜ラスベガス〜ブライスキャニオン〜アーチーズ〜モニュメントバレー〜グランドキャニオン〜
フェニックス〜サンディエゴ〜LA)
 
とか、こんなイメージです。
 
 

オプション1  会社支給の車:リースカー

会社がリースしてくれている通勤用の車があって、それが
長時間運転する方も、乗っている方も、耐えられるスペックで、会社の規定に抵触しないなら
使えるかもしれません。
 
但し、大抵のリースが年間の走行距離上限12,000マイル(以降は追加料金)なので、日常的に結構走ってる方は注意が必要です。
 
ざっくり計算すると、
通勤に片道20マイル運転する場合、通勤のみで年間9,600マイル走ります。
(年間出勤日数 240日 x 自宅と職場の往復 40マイル = 9,600マイル)
2,000マイルの旅を加算すると、11,600マイル。もう上限ギリギリです。
 
もちろんこのリースカーで買い物へ行ったり、子供の習い事の送迎をしたりもするでしょう。
でも、走行距離上限を越えた時の追加料金は、1マイル毎に$0.10~0.30が相場なので、案外悪くないと感じます。
 
リースカーの運転のし心地&乗り心地が悪くない
レンタカーの貸し借りが面倒
プライベートの旅行に使用しても会社の規定に抵触しない
 
という場合には、リースカーでロードトリップもアリです。
 
 

オプション2  自分で買った車:マイカー

駐在員の場合、
 
通勤用は、会社支給のセダン
奥様用に自分で買った車は、ミニバンやSUV
 
というご家庭は多いと思います。駐在初期に自腹を切って購入し、本帰国時には売り払う車です。
車体からメンテ費用まで全て自腹なので、トラブルは極力少なく、基本メンテナンスのみでやり過ごし、最終的には少しでも多くのお金に代えて帰国したい、と考えます。
 
駐在員のご家庭に1台はありそうな車と言えば、日本メーカーのSUV。
ここでは仮に2017年製、走行距離10,000マイルのHonda CR-Vを持っているとしましょう。
 
Kelly Blue Bookで上記スペックの車の価値を算出すると、この車の価値は$18,424
2000マイル走って走行距離が12,000マイルになると、$18,324。価値が$100下がりました。
また、1マイル走る毎にかかるメンテナンス費用は$0.53(参考:Commute Solutions)とされているので、2000マイル走ると$106のメンテナンス費用が発生。
すなわち、2000マイルの旅に出ることで、間接的に$206 も使ったことになります。
これにガソリン代を加算した金額が実質かかるコストです。
 
新しい年式の車で、
快適ドライブのためのテクノロジーが搭載されていて、
長距離運転に耐えられる快適な空間を備えている
レンタカーの貸出返却作業が面倒
 
という場合には、マイカーもアリかもしれません。
 
 

オプション3  レンタカー

レンタカーのメリットは、
 
年式が浅いので、最新テクノロジー搭載&高燃費
メンテナンスフリー
普段と違う車種にテンションが上がる
 
などの点が挙げられます。
 
さて、試算してみましょう。予定走行距離 2000マイル、1週間借りるとします。
 
マイカーと同等クラスの車で試算してみます。
 
CR-VはコンパクトSUVのカテゴリー。
同等クラスIntermediate SUV(トヨタRAV-4、Ford Escape等)の7日間のレンタル料金は、ざっと見積もって最安 $197(Costco Travel)です。
 
あれ? マイカーで行くより安くなっちゃいました。
 
コンパクトカーのFord Focusあたりで頑張っちゃおうと思えば、さらにお手頃な$150程度です。
(長距離はキツイでしょうが。)
 
レンタカーの方が、マイカーより年式が新しく、燃費が良い(=ガソリン代が安くなる)可能性もあります。
レンタカーがコスト的に案外悪くないことがわかりました。デメリットは貸し借りの手続きが面倒なことくらいです。
 
ではついでに、非日常を楽しむために7人乗りのミニバンにしてみましょう。
 
すると、こちらは$480。グッと値段が上がります。
しかし、シート3列目を倒して荷物を載せても良し、広々1列ずつ占有しても良し。日常的に所有するには持て余しがちなミニバンで旅気分を演出できるなら、十分アリだと思います。 
 
 

結局どれがいい?

ご家庭の状況やニーズによって、どれが一番良いとは判断できませんが、個人的にはマイカーを使うのが最もハイリスク、ローリターンだと思います。
万が一のことを考えると、レンタカーが安心ですし、気分も上がるのでおすすめです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください