練習日が決まっている日本のスポーツ系習い事

日本での習い事は、基本的に曜日・時間が決まっていて、他の習い事と干渉しないように選ぶことができます。
 
例えば、
 
月曜日 野球
火曜日 公文式
水曜日 ピアノ、野球
木曜日 スイミング
金曜日 公文式
土曜日 野球の試合
 
といったスケジュールが通年続きます。水曜日のように、時間が被らなければ1日に2つ以上の習い事をハシゴすることもあるでしょう。
 
 

練習日がシーズン毎に変わるアメリカのスポーツ系習い事

アメリカでは、練習日がシーズン毎に変わることがあります。これが本当に厄介。
 
アメリカのチームスポーツ系の習い事の場合、申し込みの時点では練習日が確定していないことがよくあります。
公共のフィールドを複数のスポーツや団体で予約を取り合う場合や、コーチの都合によって、
「今シーズンは○曜日に練習します」
といった連絡がシーズン開始の2〜4週間前に来ます。
 
一応、申し込み時に「○曜日はダメ」とかリクエストも出せますが、コーチ・フィールド・他の選手との兼ね合いがあるので、必ずしも希望は通りません。
申し込みを締め切ってから、チーム分け、フィールドの割り振りなどをするので、申し込みの時点では曜日が決まっていないんです。
 
申し込み期間中に申し込みをせず、シーズン直前に練習日を問い合わせて、都合が良いことが分かってから、定員に空きがあるチームに入れてもらう、という方法もなくはないです。
しかし、曜日が合っても、どのチームも定員に達していたら、申し込むことすらできません。
(エイジグループが上がるほどチームが1つしかなかったりするので、より難しくなります。)
 
ですので、当然のごとく、
「他の習い事と曜日がかぶっちゃうかもな〜、かぶらなければラッキー〜」
くらいの気持ちで申し込みをすることになります。
 
また、あらゆるスポーツのシーズンが、きっかり同じ時期に始まって終わるわけではありません。
例えば冬のバスケットボールの後半と春のサッカーの前半が、数週間オーバーラップすることもあります。
 
さらに言えば、同じ曜日に兄弟3人が点でバラバラのフィールドで練習…なんてことも起きます。
 
 

練習日がかぶることは想定内だけど…

想定内ではありますが、チームスポーツを掛け持って練習日がかぶった場合はやはり困ります。
 
ここでは仮に、野球とサッカーを掛け持つとします。
 
その子供にとっての優先順位は、圧倒的に1が野球、2がサッカー。
練習日はかぶるけど、試合日はかぶらない。
そこで、野球の練習に出るため、サッカーの練習には一切出ないで試合だけ参加しよう、と考えます。
 
チームスポーツですから、チームワークがとても大切。
練習せずに試合だけ行ってもチームワークを発揮できますか?
1人で意味不明な動きをして、チームを敗北に導くことになりませんか?
 
その子供にとっては野球が最優先だけど、サッカーのチームメイトにはサッカーが第一で頑張っている子供もいます。
コーチもチームを強くしようと一生懸命教えているのに、練習に参加しない子供が試合で足を引っ張る。。。
 
これはフェアじゃないですよね。
 
 

「コーチに相談」が唯一の解決法

でも両方やりたい。どうしたら良いか。
答えは、まずサッカー(2番目のスポーツ)のコーチに相談 です。結局これしかないでしょう。
 
野球が最優先だけどサッカーもやりたい。誰だってそういう気持ちを持つことはあるし、複数のスポーツをやることによる相乗効果もあるかもしれない。コーチだって理解してくれるはずです。
 
すると、コーチから「初回の練習は来てほしい」とか「シーズン中、最低○回は練習に参加してほしい」とか指示があるので、スケジュールを調整します。
 
そして、野球(最優先のスポーツ)のコーチにも事情を説明しておくと、より丁寧です。
 
【注意】練習を休むと、次の試合の出場時間を減らされることもあるので、そこは理解しておかなくてはなりません。(※コーチやクラブのポリシーによる)
 
つまるところ、両方やりたいなら、いずれのチームにも敬意を払い、迷惑を最小限に留めるように努力しましょう、ということです。
 
 
似たようなケースで、中学高校の部活動とクラブ/アカデミーチームの掛け持ちに関しても、こちらに書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください