息子がブレース(歯列矯正装置)を装着して1年3ヶ月が経ち、ついに装置が外されました。その日は装置の取り外しと歯に残ったボンドのクリーニング、リテーナーを作るための型を取って終了。(所要1時間半)

私がやった頃の歯列矯正は(約30年前)、装置を付けている期間は2年くらいだったと記憶しているので、この1年3ヶ月はかなり短い。技術の進歩のおかげか、個人差なのかはわかりませんが。
ブレースしていると歯磨きが難しく虫歯ができやすいので、早く外せるのは良いと思います。

リテーナーが完成するまで2週間。これまで我慢していたガムや固い食べ物を食べまくり、達成感を味わう息子。
しかし、ブレースを外して1週間もすると、早くも前歯に隙間が出始めました。ブレースから解き放たれた時の歯の戻る力ってすごいんですね。息子も頑張って続けてきた矯正が台無しになることを恐れ、「早くリテーナーが欲しい!」と焦るほどでした。

そして、2週間後、待望のリテーナーをゲット。

こんなプラスチックの頼りない感じのものです。お湯に浸けたらあっさり変形してしまいそうな…。見た目はインビザライン(マウスピース矯正)みたいです。石膏?のカスが付いたままの状態で渡してくれるところが実にアメリカン。

このリテーナーは、慣れるまでは夜寝るときだけ、慣れてきたら24時間装着(食事の時以外)とのこと。

はじめの3日間は、締め付け感が強くて痛いし、気になってよく眠れないと言っていましたが、1週間ほどすると不快感はほとんどなくなったようです。

はじめ1週間くらいつけた頃、息子が「リテーナー臭い!!」と言い始めました。そういえば、リテーナーのお手入れについて特に説明されなかったな…。調べたところ、装着後に水ですすいだり、目立つ汚れは歯ブラシを使って落とせば良いとか。

そろそろ夜間のリテーナー装着を始めて2ヶ月。心配していた前歯の隙間も閉じ、締め付け感もなくなったそうです。もう24時間装着に移行する時期だろう思いますが、話すときにつばが飛びやすかったり、うまく話せない、ずれそうな感じがすると言うので、まだ夜間のみの使用です。

このリテーナーを3〜4ヶ月ほど続けてから、最終的なリテーナーに交換するそうですが、その辺の期間はかなりアバウトでOKのようで、「半年後の定期健診のときでもいいよ〜」、と先生に言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください