ギフテッドの子って、ギフテッドではない子(ノンギフテッド)からどう見られているんだろう。
私はいつもそれを疑問に思っていました。
 

特別待遇されているように見える?

小学校のギフテッドたちは、週2回通常のクラスから抜けてギフテッド担当の先生と活動する時間があります。
他の子供たちも、彼らがクラスを抜けてどこかに行っていることには当然気づいています。
でも、そこで何をしているかは具体的に知りません。
 
中学校になれば、全員が各々の時間割を持って動くようになり、授業毎に教室/先生/クラスメートが変わります。
なので、誰がどこで何やってるかは日常的にはあまり気にならない(気にしている暇がない)状態になります。
 
しかし数々のギフテッドプログラムの活動やイベントのことが、学区のFacebookや先生のTwitterなどSNSでしばしば発信されるので、それをチェックしている保護者や子供が
 
「え!なんでこの子はこんな楽しそうなイベントに行ってるの?!ずるい!不公平だ!!」
 
と、憤慨しやしないかと考えたりします。

 

「特別な子」

我が家は息子(12歳)がギフテッド、娘(9歳)はノンギフテッド。(→未認定。それっぽい傾向は見られるものの、ギフテッドと断定できるほどではないと思う。)
 
娘のクラスに、一人だけギフテッドの子がいることを学校のニュースレターの記事で知ったので、娘にその記事を見せつつ、さりげなく聞いてみました。
 
私「あ、この子、載ってるね〜。へ〜、GATE(ギフテッドプログラム)にいるんだ〜」
娘「ふーん、知らない。特別な子のやつでしょ
 
『特別な子』・・・。ああ、そういう風に見てるのか、と。
 
その男の子は、ELAもMathも両方アドバンスクラス。
でも、
 
Mathだけアドバンスだけど、GATEの子(うちの息子のタイプ)
両方アドバンスだけど、GATEではない子(ハイアチーバー)
 
も存在します。
 
「GATEには頭が良ければ入れるわけではないらしい、じゃあ一体なんなの?」と娘は感じていると思います。
 

誤解されているかも? 

おそらく、ギフテッドについてよく知らない親は、子供に「GATEって何?」と聞かれて「スマートピーポーの集まりよ」と誤解した定義を伝えてしまう人もいるでしょう。
 
世界の人口の2〜3%しかいないギフテッドについて、身近にギフテッドがいない人が正確に説明できるほどよく理解しているはずはないので、止むを得ないでしょうね。
私自身、「ギフテッド= ジーニアス」くらいのテキトーな認識でしたよ。
そういった子供がどのような問題を抱えていて、なぜ特別なサポートが必要なのか、全く知りませんでした。
 
小学校のうちはまだ子供同士よくわかっていないから良いとして、中学、高校と進んで行くと、GiftedとNon-Giftedの子供たちの関係性はどうなってくるのか。帰任の時が来る日まで、見届けていきたいと思います。
 

ちなみに、親はけっこう孤独。

少なくとも、私が知っている中学校のGATEでは、ギフテッドの子供の興味関心に合うよう様々なテーマのプロジェクトやフィールドトリップを提供しています。与えられている学習機会がはるかに違う。
 
だから、子供がギフテッドでGATEプログラムがどんなだって話は、誰にも言えない。(身内やごく親しい間柄を除く)
特に、子供が同じ学区に通っている人には言えない。(うちの何倍もの税金を払ってる人もいるだろう)
 
私はGATEプログラムの待遇を知ってしまっているだけに、ノンギフテッドの娘にはこの機会が与えられないのかと思うと少々モヤッとします。
罪のない人をこんな気持ちにさせる必要はないので、お口はチャックです。

1件のコメント

  1. はじめまして。米国に駐在に来て四捨五入すると10年くらいになるものです。家族5人で南部で生活しております。

    最近、犬を飼い始めることを検討しており、色々と検索している中で、こちらのサイトにたどり着きました。たくさん分かりやすくまとめておられ、大変大変参考になります。

    その中でGiftedのトピックスも拝見し、これもまた大変参考になりました。我が家も一人目が現地校のGiftedクラスにいます。ISDのGiftedセミナーにも何度か参加しているのですが、そこで語られるGiftedの子供の特徴や、兆候に当てはまることが度々あり、妙に納得しました。二人目はGifted認定されていません。三人目はまだ幼稚園児なのでこれからどうかな、という感じです。

    すみません、話が長くなりました。とにかく、お礼を申し上げたくコメントさせて頂く次第です。ありがとうございました。

    hokki
  2. こんな拙いブログにありがたいコメントをいただき、とても励みになります。外出禁止令や休校などの異常事態が長引き、ご家族の健康やお子様の教育のことで心配事も多いと思いますが、どうぞご自愛ください。ありがとうございました!

    85fam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください