Aチーム(1軍)は、クラブの広告塔=高待遇!?

あるクラブチームの1軍から、他クラブの2軍へ移籍することになった息子。ギフテッドでIQはまあまあ高いのですが、なぜかサッカー脳は弱いし、体も貧弱なので、まあ止むを得ない結果です。

シーズン開始1ヶ月を切り、クラブ側もメンバーの最終調整に入っていると思われる頃、コーチから入電。「1軍で欠員が出たので、息子を1軍に繰り上げられるか見たい、1軍の練習に来週参加してみないか」、とのお誘いでした。

ほう。まだオフシーズンなのに1軍は練習があるのか。
2軍のほうは練習スケジュールさえまだ出ていないのに?
もしかして、このクラブでは1軍と2軍の待遇がめっちゃ違うんじゃないか・・・??


考えてみれば、1軍は、いわばクラブの広告塔。
1軍が好成績を残すと、翌期はそのチームに入りたいという猛者が各地から自ずと集まってきます。だから1軍には特別時間をかけて育てる価値がある、ってことか。なるほど。
実際、ここの1軍から合格もらえたら移籍したい、と元チームメイトが何人もトライアウトに来ていました。

州リーグ上位のチームが参戦できるナショナルリーグのコンフェレンスで戦うこの1軍。
我が息子が到底やっていけるわけがないレベルだけど、せっかく声かけてもらえたんだから、ダメ元で練習(=実質トライアウト)に出てみるかってことにしました。


トレーニング会場がターフ!

この日の練習会場は、とある高校のターフ(人工芝)
1軍が参加するコンフェレンスリーグの試合はすべてターフで行われるため、週2回の練習のうち少なくとも1回はターフで練習を行うんだとか。

一般的に、ターフはレンタル代が高いし、数も少ないので、普通は公共の学校や公園などの天然芝フィールドが主な練習場として使用されています。一部の大手クラブは自前のターフを持っていたり、高い年会費を取るクラブはターフ会場を借りたりもしていますが、天然芝がまだまだ主流です。

ターフはそのへんの天然芝フィールドみたいに凸凹もないし、雨でぐちゃぐちゃになったりしないのでやはり快適です。雷警報でも出ない限り、滅多に練習がキャンセルになることもないので、練習回数が確保できるというメリットもあります。通常の練習でターフが使えるなんて羨ましい限り。


1軍の実力はいかに

やはりコンフェレンスで戦っているだけあり、上手くて速い子が確かに多い。
しかし、このチームのエースが名門MLSクラブのアカデミーに移籍したり、正GKがライバルチームに移籍したりで、戦力は幾分落ちたっぽい。息子と大差ないかな〜っレベルの2軍上がりの子も数人いるので、チーム内でも個人の技量にだいぶ差がある様子。(どこのチームもそうか。)
とは言え、皆フィジカルは強い。結局フィジカルよ、アメリカは。
フィジカルが最大の弱点である息子(鈍足)がやっていくのは厳しいのは明らかでした。

後日、コーチから「一番欲しかったポジション(GK)が見つかって人数足りたから大丈夫です」、とやんわりお断りをもらい、結果オーライとなりました。


親のコミットメント【時間とお金】

・オフシーズンの特別トレーニング
・ターフでの練習

と、こんなに魅力的な待遇でもてなされる1軍も、クラブの年会費は2軍とほぼ同額、っていうのが驚き。(上位リーグ参加費の差額分が、少々盛られている程度)

めっちゃお得じゃん!と思いきや、差が出るのは遠征費。年会費以外の、「見えない費用」です。

コンフェレンスリーグでは、他州のチームと戦うことも多いので、アウェイとなれば宿泊が必要なことも少なくありません。

参考までに当Aチームの今季のスケジュールを見てみると、1シーズン(約8週)のうち、確実に宿泊が必要な試合は2回。さらにトーナメントにも1回参加。1シーズンで少なくとも3回の遠征がありそう。

1回の遠征費用は、宿泊費(2泊)、ガソリン代、食費等で、少なく見積もって$500 。1シーズンで概算$1500の出費。

 

車で行ける範囲ならまだマシで、(ヘタに)コンフェレンスで優勝でもしたら、コンフェレンス代表として全国大会に出場することになり、航空券の手配も加わります。

家庭にスポーツをしている子供が1人なら賄えそうですが、複数の子供がそれぞれ遠征するとなったらそれこそ破産レベル。アメリカでコンペティティブにスポーツをやるのは、時間にもお金にもかなり余裕が無いと厳しいんです。

将来アメリカの大学の奨学金でも取れるなら投資として考えられるけど、我が家の場合その可能性はほぼ0%、回収できない出費となること確実です。

 

考察・まとめ

Aチーム(1軍)とBチーム(2軍)。
どちらが良いかと言えば、そりゃあ1軍で強い仲間と切磋琢磨し合い、刺激し合うほうが良いだろう!と単純に思っていましたが、クラブ側から与えられた環境・待遇がこうも違うと知って、少し滅入りました。ほとんど同額の年会費を払っているのに、よ。

えー、なんか2軍って損してる気がするーー。

これでは2軍と1軍の差はますます広がるばかりで、よほど努力しなければ下克上は不可能。

でも1軍に入れば、プレッシャーももっと大きいし、チームの足を引っ張れば陰口叩かれるし、親のコミットメントも不可欠だったりするわけですよ。

いろいろ天秤にかけてみると、我が家の場合は将来プロ選手になるわけじゃないし、2軍で怪我せず楽しく続けてくれれば御の字です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください